アカギの「元氣名言ランキング」を発表!

「進む」ことが強いときもある。 しかし今この状況で強さとは踏みとどまることだ・・・
経済的な不況にある現代社会において「会社を辞めて転職したい…」と思う人も多いかと思います。もちろん人によっては転職する=「進む」ことが正解である場合もあります。しかし、実は多くの場合、転職せずに今の会社で頑張る=「踏みとどまる」ことが正解なのです。「やめたい」というマイナス感情から生まれた行動はよい結果に結びつきにくいからです。踏みとどまる強さも生きる上では大切なのではないでしょうか。
さあ漕ぎ出そう。いわゆる「まとも」から放たれた人生に!いいじゃないか三流で。熱い三流なら上等よ。恐れるな。繰り返す失敗を恐れるなっ!
誰もが一流を目指し、そしていつか一流を目指すことを諦めてしまいます。しかし、繰り返す失敗を恐れずに果敢に挑戦する三流の人間になれたなら…ほとんど一流なのではないでしょうか。
倍プッシュだ・・・!
「倍プッシュ」…2倍押してみる…困難にぶつかった時一度挑戦してはじかれることはあります。しかし、もう一度挑戦してみてください。もしかしたら道が開かれるかもしれませんよ。倍プッシュです!
弱気に流れている人間は理に頼ろうとする、直感に頼ることが出来なくなる…
この言葉に共感できる人は多いのではないでしょうか。人は弱気になったとき「○○だから無理だ」などとなんらかの理屈をつけて正当化しようとします。しかし、強気な時は自分を信じて直感に頼る。もし理屈に頼ろうとしている時は自分が弱気になっていないか?少し自分を振りかえってみてください。
地獄を一度くぐっちまうことさ。ツキの女神はいつだって、その先にしゃがみこんでいる。
最大の危機には最大の機会が眠っているという意味ですね。人生は山あり谷あり…必ず波の状態で繰り返します。どん底まで落ちたら後は登るだけ!きっと良いことがあるはずです。

この作品について

アカギは、『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、2011年現在、福本作品の中で最長連載期間を更新し続けている(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。心理描写が作品の中心ということだけあって、時に遅々として物語が先に進まないこともある。特に、現在連載中の「鷲巣麻雀編」に至っては、作品内の設定では半荘6回の勝負であるが、「鷲巣麻雀編」が開始されてから十年以上経過した現在でも対局中という状況になっている。これについて著者の福本はテレビアニメ版のガイドブック上でのインタビューにて「短くしたいと思っている」と語っている。また、福本は講演会にて「鷲巣戦の後もストーリーは続けていく」との旨を発言しており、鷲巣戦終了がすなわちアカギ完結ではないことを示唆した。