ピーター・ドラッカーの「元氣名言ランキング」を発表!

昨日を捨てよ。自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。
世界一有名な経営学者「ピーター・ドラッカー」の数々の名言の中で、一番に選んだのはこの言葉です。過去にしばられるな!謙虚な心を忘れるな!そして、物事の本質を見極めよ!経営でも必須ですが、人生を豊かに生きるためにも大切な言葉です。
手っ取り早く、効果的に生産性を向上させる方法は、何を行うべきかを明らかにすることである。そして、行う必要のない仕事をやめることである。
仕事を効率的にするための秘訣ですね。まずは、何をすべきかを明らかにする。そして、行うひつようのないことをやめる。基本ですが、本当に大切なことです。
自らが自らに求めるものが少なければ成長しない。だが多くを求めるならば、何も成長しない者と同じ程度の努力で、巨人にまで成長する。
自分が自分に求めるものが少ないとその程度の人間で終わる。しかし、多くを自分に求めるとより多くのものを手に入れられる巨人になれる!多くのものを自分に求めて生きましょう!
成果を上げる人の共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつける上で、必要とされている習慣的な力である。
仕事のできる人は特異なことが出来る人ではなく、基本的なことを習慣的にできる人だと言われています。自分の能力や存在を成果に現す!その為の習慣的な力。これを身につけるように仕事を頑張りましょう!
学ぶことのできない資質、習得することができず、もともと持っていなければならない資質がある。他から得ることができず、どうしても自ら身につけていなければならない資質がある。才能ではなく真摯さである。
どんな成功者にも必ずそなわっている資質…真摯さ。まじめに、実直に物事と向き合うこころ!忘れないようにしたいものですね!

この名言の人物について

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドリュッカー/Peter Ferdinand Drucker, 1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる。他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあった[2]が、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドリュッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。もともと、ドリュッカー家(ドラッカー家)はオランダにいたポルトガル系ユダヤ人(セファルディム)の家系で、「ドルカー」(Drucker) と称していた。後にオーストリアに移住し、「ドリュッカー」とドイツ語風に改めた。