アントニオ猪木の「元氣名言ランキング」を発表!

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。
私が今回、アントニオ猪木氏の数ある名言から一位に選んだ言葉は「道」というタイトルで有名な言葉です。人生を一本の長い道に例えて、人はその道を進む。もちろん人生には、予想もしなかった困難や災難が訪れます。しかし、その困難をおそれて歩むことをやめてしまえばきっと人生はつまらないものになってしまうと思います。心配しても、仕方がありません。踏み出せばその一足が道となります。迷わずまっすぐに歩んでいけば、きっと困難や災難だけでなく楽しいことも待っているはずです。 ちなみに、この「道」と呼ばれるこの名言は、1998年4月4日に東京ドームで実施された引退記念試合後のスピーチでアントニオ猪木が観客に対して伝えたものです。その時のライブ動画は、下記をご覧ください。

また、この引退記念試合で「道」を含む、猪木からのスピーチの全文を下記でご紹介しますので、どのような流れの中で「道」が披露されたのか、噛み締めながらご覧ください。
私は今、感動と感激、そして素晴らしい空間の中に立っています。心の奥底から湧き上がる、皆さまに対する感謝と熱い想いを止めることが出来ません。カウントダウンが始まってから、かなりの時間が経ちました。いよいよ今日が、このガウンの姿が最後となります。思えば、右も左もわからない一人の青年が力道山の手によって、ブラジルから連れ戻されました。それから、38年の月日が流れてしまいました。最初にこのリングに立った時は、興奮と緊張で胸が張り裂けんばかりでしたが、今日はこのような大勢の皆さまの前で最後のご挨拶が出来るということは本当に熱い思いで言葉になりません。私は色紙にいつの日か『闘魂』という文字を書くようになりました。それを称してある人が『燃える闘魂』と名付けてくれました。闘魂とは己に打ち勝つこと。そして、闘いを通じて己の魂を磨いていくことだと思います。最後に、私から皆さん…皆さまにメッセージを贈りたいと思います。人は歩みを止めた時に、そして挑戦を諦めた時に年老いていくのだと思います。この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ。ありがとうー!!!
道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!
人生、楽しい時もあれば苦しい時もありますよね。そして、人生のほとんどは苦しい、険しい道なのではないかと思うほどたくさんの障害が訪れます。しかし、どれだけ険しくても笑いながら楽しく歩けばきっとよいことが待っているはずです!
元気が一番、元気があれば何でもできる!
アントニオ猪木氏の名セリフ?である「元気ですかー?」に込められた本当の意味。元気があれば何でもできる!どんな辛いことも乗り越えられる!明日からも、いや今から…元気を出して頑張りましょう!
限界などない。あるのは限界を口にしている自分だけだ。ありもしない限界にこだわるな。私に言わせれば「限界」なんて言葉はこの世にはない。「限界」というから限界が出来るのだ。
どれだけ頑張っても乗り越えられない障害にぶちあたったとき「もう限界だ…」と誰もが一度は思ったことがあるでしょう。しかし、その「限界」は自分自身が決めているもので、自分が限界と感じなければ限界ではありません!もう一度挑戦してみませんか?
馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけかいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ
私は比較的「プライドが高い」方だと思います。ですので、今までそのプライドが邪魔をして本当に大切なことが見えなくなっていた時がありました。しかし、今はそのプライドをある程度抑制できるレベルまできました。すると、視野が広くなり、イライラしにくくなります。
これらの名言は、知った「だけ」では無意味!
その「言葉の力」を人生や仕事に活かすには、●●への●●●●●が必要です。

この名言の人物について

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio-Inoki, 1943年2月20日 - )は、神奈川県横浜市鶴見区出身の元プロレスラー、実業家(新日本プロレス設立、イノキ・ゲノム・フェデレーション設立など)、元参議院議員。

 

新日本プロレス設立後、現在に至るまでのキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。

 

日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。

 

新日本プロレス創業や異種格闘技戦の実現などにより、日本のプロレス・格闘技界に最も大きな影響を与えたひとりである。

これらの名言は、知った「だけ」では無意味!

その「言葉の力」を人生や仕事に活かすには、●●への●●●●●が必要です。